探偵MNavigation

探偵に依頼した時、調査ごとの料金相場はいくら?

探偵の調査ごとの料金相場はいくらになるのか?

探偵に調査を依頼するなら、必ず料金を確認してから依頼をしてください。


探偵の調査料金は、料金相場よりも安い金額で調査を依頼できる探偵から、相場よりも高額な料金の探偵事務所もあります。


探偵の料金のことを調べるなら、まず探偵の料金相場についてと、調査料金の詳細を知る必要があります。


ここでは、探偵の調査料金の相場とその詳細について詳しく解説したいと思います。


探偵の調査ごとの平均的な料金を解説

まずはじめに、探偵の料金相場についてですが、相場は料金プランや調査の内容毎にまったく違います。


そのため、一概に料金の高い安いを判断するのは難しく、料金相場もそれぞれ違います。

あくまで参考となる金額を出すのであれば、下記のようになります。


素行・浮気調査

一定期間、ターゲットを尾行や張り込みを行ない追跡のうえ、証拠の写真・動画撮影、報告書にまとめてもらうと40万円〜60万円程度。
条件などはケースバイケースですので、こちらは平均相場金額です。

人探し調査

対象者の出入りしそうな場所への張り込みや聞き込み、また、若者であればインターネットの使用状況などを調べる、といった、対象者のライフスタイルに合わせて捜索します。
平均で30万円〜50万円程かかるのが一般的です。

盗聴器発見調査

ひとり暮らしの部屋を調査する程度であれば、平均5万円〜10万円程度が相場です。
調査するフロアの広さや、使用する発見機材によって金額は変わります。

その他の調査

いじめ実態調査であれば対象者の尾行、ストーカー対策などであれば張り込みが主です
調査員の人数や時間や日数などの条件や目的により変化しますが、平均50万円前後でしょう。

このように、料金相場はそれぞれの調査で手法が変化するため金額が違います。

また、依頼者ごとに調査にかかる時間、調査員の人数、使う機材などが探偵事務所によっても違うので、実際の調査料金が必ずしもこちらの料金相場に収まるとは限りません。あくまでも参考値としてお考えください。
社会の情勢や地方によっても変わることがありますので、適した料金プランか料金相場通りなのかは何社か比較して導き出すのが確実です。


探偵調査の費用−探偵の調査ごとの料金の詳細


なお、調査料金の表示方法も、探偵事務所によってさまざまです。
料金プランの違いで惑わされ、平均相場ではない料金にならないように注意しなければいけません。


探偵の料金プランの違い
依頼前に探偵の料金プランを知っておこう

探偵の料金プランには、3つのプランがよく使われます。


プランによって、料金の内訳が違い、調査依頼の内容によって適したプランというのがあるので、それぞれの料金プランの特徴を確かめるのは大切です。

成功報酬プラン(完全成功報酬含む)

成功報酬プランの特徴は、探偵の調査が成功した場合に報酬を払います。

より正確には、実費以外の報酬を調査が成功したら支払うプランのことが、探偵の成功報酬プランです。


例えば、実費が30万円で、成功報酬が20万円、合計50万円の浮気調査を依頼した場合。

調査が成功すれば、合計金額50万円を探偵に支払います。


一方で、成功条件を満たすことができなかった場合は、実費の30万円を探偵に支払います。

成功条件を満たさないとは、調査を失敗した場合も含みます。

このことから、成功報酬とは調査が失敗しても実費分の費用は、探偵に支払わなくてはならないプラン、ということです。


また、成功報酬プランのなかには、完全成功報酬プランというプランもあります。

完全成功報酬プランでは、調査が失敗して成功条件を満たせない場合、実費を含む全ての料金がゼロ円になるプランです。


時間制プラン

時間制プランの特徴は、調査を行った時間だけの料金を支払うプランです。


調査を10時間行えば10万円、20時間なら20万円というように、1時間の単価に対して実際の調査時間を掛けた金額が調査料金となります。


短い時間の調査なら、この時間制プランで調査を依頼したほうが他のプランよりも安くなる場合があります


逆に、調査時間の長い調査、調査結果が出るまで時間を必要とする調査条件の場合、調査料金が他のプランよりも高くなるというのも、この時間制プランの特徴です。


パックプラン

パックプランの特徴は、あらかじめ調査時間や調査内容が決まったプランです。


パックプランの内容は様々で、調査時間が20時間の物や調査員の人数が3人以上だったり、パックプランの中でも条件に違いがあります。


パックプランの条件内でなら、自由に調査を行うことができます。


しかし、一度パックプランを決めると、調査の途中でパックプランの内容を変更することができなかったり、追加調査を行った場合、割増料金が発生したりすることがあります。


調査毎に違う料金

料金プランに違いがあれば、調査内容によっても料金が違います。

探偵の調査で代表的な調査で、それぞれの料金の特徴をご紹介したいと思います。


浮気・素行調査

浮気・素行調査は、探偵で最も依頼の多い調査です。

この浮気・素行調査で用意されているプランには、成功報酬プラン、時間制プラン、パックプランの3つがあります。


浮気調査で絶対失敗したくない、失敗したら報酬は払いたくないという場合には、浮気調査で完全成功報酬プランを依頼することができます。


お試しで調査を依頼してみたいという場合には、時間制プランで短時間の調査を依頼してみるといいでしょう。


浮気調査の料金が高額になるのを防ぐ方法、費用はどう抑える?


人探し調査

人探し調査では、行方のわからなくなった人を探す調査ですが、探している相手が見つかるまで調査を継続する場合があるので、調査期間が長期になりやすい調査でもあります。


時間制プランで人探し調査を依頼すると、調査料金が割高になってしまうため、成功報酬プランかパックプランでの依頼が一般的です。


盗聴器発見調査

盗聴器発見調査は、これまでに紹介した料金プランとは異なる料金体系となっています。

盗聴器発見調査は時間や調査員の人数で料金を決めず、調査を行う場所の広さや使う機材の質によって金額が決まります。


つまり、大きな家や会社のフロアなどであればその分高額になってしまいやすくなります。

車や家の盗聴器発見の料金とは?特殊な盗聴器の調査料金を紹介


最近は特殊で発見しにくい盗聴器も増えてきているため、高性能な機材を使う条件であれば料金が高くなることがあります。


調査を行う場所の平米数が大きくなれば料金は高くなり、高性能な機材を使っても料金は高くなります


探偵への依頼、料金で損をしないために

探偵に調査を依頼する際には、まず複数の探偵業者から見積りを取ることをおすすめします。


こちらの記事を参考に、探偵事務所がだした見積書から、「プランは今回の調査内容にふさわしいか」「調査員一人あたりの料金は相場を大きく外れていないか」などを確認してみてください。


相場よりかなり低料金であれば、調査方法に抜かりがある可能性が高いので、「安ければ良い」というわけでもありません。


相場より料金が高すぎても、過剰な手段や人数を投入していることもあるかもしれません。
適切な調査方法を行い、適正な価格を請求する探偵社を選びましょう。


その他の関連する記事
探偵を比較するポイント!失敗しない探偵の選び方
浮気相手に慰謝料を高額請求するために必要なこととは?
浮気の当事者に浮気調査の費用を損害賠償請求するには?
浮気の証拠を有効活用!探偵が撮影した浮気の証拠の上手な使い方